持ち運び情報を知ってもらうリーフレットデザイン。

大阪の“発見を発信する”をコンセプトにしてるデザインスタジオSpeaker Labが
リーフレットデザインについてお伝えしたいとおもいます。
 
 
1枚の紙を2つ折りや3つ折り、観音開き、蛇腹折りなどで構成されるのが
リーフレットデザインです。
テーマパーク商業施設観光地などのマップに使われていたり
美容室飲食店病院歯医者エステネイルサロン小売店などで
使用されてるのをよく見かけます。
 
 
前者は施設の情報やマップをのせる案内用にデザインされたリーフレット
持ち運びやポケットにはいるぐらいのサイズでつくられてます。
 
 
後者は店の情報や値段とかを載せてることが多い宣伝用リーフレットです。
 
 
チラシやフライヤーではキレイに情報が載せれなかったり
情報を区切って読みやすくするときに
持って運ぶことを目的となってるものにはリーフレットを提案する
ことが多いです。
 
 
あと、個人的に蛇腹折りの印刷物が好きなので
表紙と裏表紙込みの4Pで構成されるパンフレットの依頼だと
まれに蛇腹折りリーフレットを提案するときがあります。
 
 
 
 

 
 
 
 
上記の写真は、大阪・森ノ宮にある
シェアオフィスのパンフレット風リーフレットです。
A4サイズで仕上げていますが、パンフレットではなく
一枚の紙を蛇腹折りしてることもあり
リーフレットというカテゴリーになります。
 
 
シャアオフィスに見学しにきたかたや
イベント、コワーキングスペースとして1日利用されたかたに
配る目的でつくりました。
 
 
代表のかたに話を聞いたら、
「会社を辞め起業したときに社会という世界に冒険へいく気持ち。」
と自身の経験を踏まえゲームのRPGにでてくる冒険の書
コンセプトにしたデザインにしました。
 
 
冒険感のあるデザインは評判がよく
いろいろなかたがSNSでちらほらあげてくれています。
 
 
このリーフレットデザインはコンセプトなどもあって
少々、特殊の仕様となっています。
ほんらいなら、フライヤーでつくるには情報の内容が
多く読みづらくなるから一枚の紙を折りページ仕様にし
読みやすくするためにつくります。
 
 
なんどもいいますが、フライヤーとは違い一枚の紙を折ることで
ページ仕様になるのがリーフレットデザインです。
情報の取捨選択をしつつ読みやすくし、
情報量をコンパクトにすることで
一度きたお客様に次回への来店を促す目的や
知り合いのお店へ置いてもらい知らない人が興味をひく
デザインを心がけます。
 
 
 
 

 
 
 
 
大阪・福島にある美容室CARTAのリーフレットデザインを
つくったときは前にきたお客様が戻ってきたなどの
報告をうけました。
 
 
どんな、デザインでもそうですが誰にどこで渡すかで
魅せかた伝えかたを変えていきます。
 
 
お店や商業施設、病院などへきたお客様に持ってかえってもらったり
知り合いのお店へ置いてもらったりする目的でSpeaker Labは制作します。

スピーカーなこと

会社名

お名前(必須)

ふりがな

メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
お見積りをご希望の方はボタンをクリックして下さい。(必須)
問い合わせ内容(必須)