ホームページは本当に必要なのか。

大阪の“発見を発信する”をコンセプトにしてるデザインスタジオSpeaker Labです。
今回はホームページをつくるまえに知ってほしいことをかいていきます。
 
 
さいきんでこそは、減ってきたが15年以上前はホームページ作成バブル
いっていいぐらいWEBサイト制作の案件が多かったです。
 
 
理由は、流行と感じました。
 
 
「これからの時代はネットや。」はマシなほうで
「ホームページをつくれば売り上げがあがる。」など
どこから仕入れた情報かわからないですが、
打ち合わせへいくとまちがいなくいわれてました。
 
 
周りや競合他社がつくってるから自分たちもつくる。
 
あそこの会社はホームページがあるから景気がいい。
 
とりあえず、起業したしWEBサイトをつくらないといけない。
 
 
そんなことを思っている人が多いイメージです。
 
 
WEBサイトが必要な理由は求人銀行などの審査ぐらいの感覚で
営業活動の一環として作成するのには少々、難しいような気がします。
 
 
もちろん、営業活動としてWEBサイトから問い合わせがくるように
できますが、時間労力が必要です。
 
 
Speaker Labのお客様も最初はホームページをつくりたいと相談にくるのですが、
いろいろとお話を聞いてたら他の広告物やデザイン制作物のほうがあっているのでは?
という話をして結局、ホームページをつくらないことが多いです。
 
 
じっさいに、他のデザイン制作物で結果がでてるので
いまだにホームページをつくってない会社もあります。
 
 

ホームページは選択肢の一つ。

 
 
WEBサイトに関していえば課題を解決するスピードは遅く即効性はないです。
ただ、やりかたによってはさまざまな課題をまんべんなく1を2ぐらいにする
ぐらいの力があるイメージです。
やはり、時間はかかります。
 
 
WEBサイトは更新が命といっていいぐらいページ数を増やさないといけません。
これが時間がかかる大きな理由です。
 
 
ほんとうにつくっただけではアクセス数はのびません。
つくりたてなんてアクセス数が0なんて日はザラです。
毎日もしくは2日に1回や1週間に1回でもいいので
ホームページを更新しつづけて、やっと少しのアクセス数が増えるぐらいです。
 
 
なので、ホームページに全ての期待をのせるのではなく
ほかにも宣伝活動をしつつホームページの更新を
日々おこなっていかなければいけません。
 
 
ただ、更新するだけではダメですし
わりかし、ちゃんとした文章をちゃんとした量
更新をするので大変です。
 
 
WEBサイトは必要ではなく選択肢の一つだと
考えて欲しいです。
 
 

WEB制作会社とデザイン事務所のどちらに頼めばいいの。

 
 
WEB専門でやってるホームページの制作会社と
WEBに限らず紙などもやってるデザイン事務所の違いは
選択肢があるかないかです。
 
 
Speaker LabはWEBより紙のデザインが多いので
どちらかというとデザイン事務所なので
そりゃそういうだろ!ってことをいいますが
圧倒的にデザイン事務所にWEBサイトデザインを
たのむことをオススメします。
 
 
理由は、デザイン事務所は必要不必要関係なく無理して
ホームページをつくる必要がないからです。
だから、課題にたいしての取捨選択ができるんです。
ホームページは万能ではありません。
御社の課題に適してるかは話を聞いて
ホームページが必要かを考えていきます。
 
 
といいましても一番の理想はデザイン事務所が方向性を決め
WEB制作会社が運営をするのがわたしの中では理想の形です。
 
 
デザイン事務所は選択肢はあるがWEBの専門家ではありません。
つくったはいいが今後のWEBサイトの運用に関しては
専門家には勝てないです。
 
 
ここでSpeaker Labでじっさいにあった
過去の経験談をかいていきます。
 
 
「ブランディングをお願いします。」
 
 
と依頼があり仕事をすすめてきました。
売り上げもあがり好調の兆しがみえてきたので
「そろそろ、ホームページをつくりましょうか。」
と提案したのですが、
「ほかのWEB制作会社にお願いすることになりました。」
といわれました。
 
 
知り合いの紹介で入ってきたWEB制作会社です。
ひとまず、WEB制作会社さんと打ち合わせがしたいと
先方に伝えたのですが、すでに制作段階まで入っていて
出来上がる寸前だったのです。
 
 
できあがったホームページをみて、
いままで、築いてきた方向性や企業コンセプト、
ブランディングデザインとはかけ離れたものが
出来上がってました。
 
 
ブランディングデザインで弊社が大事にしてる考えは
細かいルールを決めることです。
 
 
フォントの使いかた、色のつくりかた、写真の撮りかた、
全てにルールを決めます。
 
 
それがブランドの世界観へと変わっていきます。
 
 
弊社が提案するのが遅かったせいで
待ちきれなかったのか…。
 
 
いちど、相談はしてほしかった。
 
 
別の制作会社が打ち合わせなしにつくるのだから
当然の結果だったとおもいます。
 
 
けっして、WEB制作会社に頼むのが悪いとはおもいません。
ただ、ブランディングに関しては先に携わってた会社には
相談したほうがいいです。
 
 
デザイン・方向性…デザイン事務所
 
運用・保守…WEB制作会社
 
 
がSpeaker LabがかんがえるWEBサイトのデザイン、
運用の理想図です。
 
 
弊社の考えはホームページは選択肢の一つです。
もちろん、あったほうがいいとは思いますが
最優先ではありません。
 
 
いま、WEBサイトをつくりたいとお考えの企業様は
いちど、Speaker Labに相談をしていただければ
本当に今、何が必要かをご提案させていただきます。
 
 
会社は大阪ですが、ZOOMなどで打ち合わせができますので
大阪や近畿以外の会社さまでもご相談を承っています。

スピーカーなこと

会社名

お名前(必須)

ふりがな

メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
お見積りをご希望の方はボタンをクリックして下さい。(必須)
問い合わせ内容(必須)