デザイナーってどこまでが仕事の範疇なのか。

 
 
 
 
 
 
名刺とかを交換したさいに「何屋さん?」とよく聞かれるので、はっきり言っておきます。
 
 
音響会社ではありません。
 
 
ややこしい社名で申し訳ないのですが、弊社は、広告デザイン事務所です。
ここに関しましては、大きく変わることはありません。
ただ、デザインだけで終わるわけがないSpeaker Lab。
今回の更新は、Speaker Labをもっと知っていただきたいため弊社の基本的な業務範囲?を紹介したいと思います。
 
 
 
 
1.販促におけるデザイン(広告デザイン)
 
名刺、ロゴ、リーフレットやチラシ、フライヤー、パンフレットなどの紙を使ったデザインを得意とします。
企業・商品のイマアル魅力を発見し、デザインに込めることで
本来の企業にある潜在的価値が発揮されると考えております。
デザイン〝力〟でイマアル魅力を消費者に知ってもらえるよう世の中に発信していきます。
 
 
 
 
2.エディトリアルデザイン(編集デザイン)
 
もともと、出版会社に勤めていたクリエイティブディレクターがいているので
雑誌、フリーペーパーなどの本のデザインも可能です。
 
 
 
 
3.WEBデザイン(広報デザイン)
 
ホームページ、LP(ランディングページ)などのデザインも制作します。
Speaker Labでは、ホームページは自社の媒体であり、
WEB上での広報だと認識しております。
自社での発信力をつけていきたいと思います。
 
 
 
 
4.ブランディング(企業デザイン)
 
コンセプトからの立案には定評いただいております。
ただ、コンセプト提案からロゴをつくって終わりなどではなく
中の中まで、入っていきます。(この先は、企業秘密。)
コンサルティングではなくミライの話をしたいと思います。
中小企業様、個人経営の会社様にご好評いただいております。
 
 
 
 
5.その他(Speakerデザイン)
 
チラシやフライヤーもつくって誰にも見られなかったら意味がありません。
どこに?だれに?をしっかり見極めてつくったあとも発信できるお力になります。
アフターフォローではないですが、制作物をどう利用するかを提案していきたいと思います。
また、デザイン以外の販促に関することも行っております。
イベント企画や経営理念を考えたりと幅広く対応しております。
経営や売り上げに悩んだり、つまずいたりしたら下記リンクの
お問い合わせフォームにてご連絡くださいませ。
 
 
 
 
button_sp_2

スピーカーなこと