Speaker Labのロゴデザインとコンセプト。

大阪の“発見を発信する”をコンセプトにしてる
デザインスタジオSpeaker Labのロゴデザインについて書いていきます。
 
 
ロゴにもさまざまな種類があります。
シンボルマークやロゴタイプ、ロゴマークなどがありますが、
Speaker Labの場合はどれにするかで値段が変わることはないので
割愛させていただきます。
もし、興味があれば打ち合わせ時に説明をします。
 
 

ロゴの必要性

 
 
正直、ロゴがいいからといって売り上げがかわる?
と聞かれたら「わからない。」と答えます。
 
 
パンフレットやポスター、WEBサイトとは違い
ロゴからはいる情報は少ないし正確ではないです。
 
 
・社名
・どんなイメージの会社・商品・サービス
・予想できる商品の価格帯
 
 
ぐらいかなとは思います。(足りなかったすいません。)
 
 
ただ、店の外観や名刺、パッケージ、ホームページなど
に100%といっていいぐらいロゴがはいっているので
顧客様やユーザー様が御社の情報として
一番目に入るのが多いのもロゴです。
 
 
ロゴデザインで売り上げは変わらないかもしれませんが、
第一印象をよくすることはできます。
 
 

コンセプトを考える。

 
 
上記でも説明しましたが、ロゴは御社の第一印象です。
第一印象でわかってほしいのは御社がどういう会社なのか。
 
 
なんどもいいますが、ロゴからはいる情報は
 
 
・社名
・どんなイメージの会社・商品・サービス
・予想できる商品の価格帯
※足りなかったすいません。
 
 
その少ない情報をシンプルにロゴへ注ぎ込むために
一言でいえるコンセプトを考えます。
 
 

 
 
たとえば、Speaker Labは“発見を発信する”という
コンセプトがあります。
 
 
コンセプトを最初に決めデザインを考えました。
 
 
誰にきかれても “発見を発信するデザイン”と一言いって
自己紹介をしながら名刺を渡します。
 
 
だいたいの人は、「わかりやすいですね。」と
いってくれます。
 
 
しっかりしたコンセプトがあれば
ぶれないロゴができる。
 
 
Speaker Lab自身が実感ができたから
弊社にお仕事をたのんでくれる企業様の
コンセプトをかんがえさせていただきます。
 
 

ロゴデザインが今後のデザインの方向性を決める。

 
 
そもそも、デザインはユーザー様やクライアント様から
第一印象を“どう見られたいか?”を決める印象操作が
デザインに課された役割です。
 
 
例えば…。
・お客さんを増やして売り上げをあげたい
・客単価をあげたい
・リピーターを増やしたい
・企業・商品の良さをしってもらいたい
…etc
 
 
今までデザインを生業にしてきて感じたことは、
企業・商品の課題をデザインで解決できることが
思ってる以上にあります。
 
 
コンセプトが詰まったロゴは、企業や商品の指針になると同時に
今後、ホームページ、カタログ、チラシなどの広告や販促物の方向性や
名刺や封筒、パンフレットなどのビジネスツールの方向性を担います。
 
 
ロゴデザインには企業・商品のコンセプトや経営理念が
詰まってるだけではなく
今後のデザインの方向性のベースになるので
現在の売り上げは変わらないかもしれません。
ただ、愛される企業・商品への力にはなってくれます。
 
 

ロゴに大事なのは汎用性。

 
 
デザインはパンフレットやポスター、WEBサイトなど
さまざまあります。
そのほとんどが御社のコンセプトに沿ったデザインで制作していきます。
 
 
イベントなどの協賛をしたことでポスターやパンフレットに
ロゴをつかわれたり、雑誌の取材などでロゴをのせることがあります。
御社のコンセプトにあってないデザインにも
ロゴが使われます。
 
 
カラーで使われるのか、モノクロで使われるのかもわかりません。
どんなデザインに使われるとかもわかりません。
 
 
御社のロゴ制作にたずさわっていないデザイナーさんが触るので
できるだけ誰がつかっても、どんなデザインでも
ロゴのイメージやコンセプトが崩れないように制作します。
 
 
そういう意味で汎用性を大事にしています。
 
 
ロゴは御社の概念や方向性の軸がつまったものです。
Speaker Labはしっかりと気持ち受け止め
御社の第一印象をよくします。
 
 
ロゴやコンセプト、ネーミングなどでお困りの企業様や個人様で
ご興味がありましたら下の問い合わせフォームから
ご連絡ください。
 
 

スピーカーなこと

会社名

お名前(必須)

ふりがな

メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
お見積りをご希望の方はボタンをクリックして下さい。(必須)
問い合わせ内容(必須)