名刺デザインにも目的があります。配る名刺ではなく渡す名刺。

大阪の“発見を発信する”をコンセプトにしてるデザインスタジオSpeaker Labが
名刺をデザインするときに大事にしてることをお伝えします。
 
 
名刺デザインに関しては、同業者ですら軽視してる名刺デザインを
多くみてきました。
少々、キツめの書きかたをするかもしれませんので
嫌な気持ちになれば、この先を読まないことをおすすめします。
 
 
それぐらい言いたいことがあります。
そもそも、名刺は企業の顔であり、最初に手に取ってもらう
広告物
です。
 
 
これから先の内容は起業しようとしてるかたや
会社の名刺のデザインを新調しようと考えてるかたの
参考になれればと思います。
 
 
ご了承をしていただいた上で下の本文を読んでほしいです。
 
 
 
 

身だしなみと同じぐらい名刺デザインで第一印象が決まる。

 
 
起業されるかたが最初に用意するものとして
考えられるのが名刺デザイン
 
 
名前や役職、会社の所在地など情報も最低限であったり
不特定多数のかたに配るのを目的にしてる出来るだけだから
印刷代を抑えたいのか案外、軽くみられガチです。
 
 
じっさいにエクセルやワードをつかって自分で名刺をつくったり
ネットで名刺デザインのテンプレートをつかった名刺だったり
だとデザイン費は抑えることができますし、
家のプリンターで印刷をすると印刷代のコストも抑えることができます。
 
 
家電量販店で売られてる名刺サイズのミシン線が
はいってる紙を使った自作の名刺を渡されることも多々あります。
 
 
それが悪いとは思わないのですが、
初対面のかたに自分をしってもらうために渡すのが名刺です。
 
 
たとえば、清潔感のある見た目や服装のかたと
不衛生な見た目や服装のかたと名刺交換をするとなったとき
前者のかたと仕事の話をしたくなると思います。
 
 
名刺も一緒です。
企業のコンセプト起業するにあたっての志
自分がどう見られたいかなどの要素が入ってる名刺と
テンプレートやとりあえずつくられた名刺だと
前者のかたとのほうが仕事の話が進みやすくなります。
 
 
真面目な会社、ポップな会社、親近感のある会社、面白そうな会社
お茶目な会社、ワクワクさせる会社、ユニークな会社。

 
 
名刺一つで自社の印象操作ができるようになると
先のビジネスが優位にたてると思いませんか。
 
 

名刺で重要なのは情報提供。

 
 
ビジネスや社交の場で初めて人と会うときに、
自分の簡易プロフィールとして渡すのが名刺です。
 
 
確定されたビジネスの場で商談相手なら、
共通の目的があるので会話ができます。
 
 
異業種交流会などの共通の情報がない不特定多数のかたと出会う場で
名刺交換をするときは服装などの身だしなみからわかる情報と
名刺に載ってる情報を元に会話を形成していくことが多いです。
 
 
だからといって、名刺の定型サイズ91×55mmと限られた範囲で
自分の趣味などのプロフィールを詰め込みすぎると
ストレスに感じることがあります。
 
 
さらに、
ちょっと癖のある読みづらいフォント。
名刺のサイズにあってないフォントサイズ。
読みづらい行間や文字間隔。
アンバランズなレイアウト。
 
 
しらずしらず商談相手にストレスを与えてることがあります。
ストレスを与える名刺では信用信頼にかかわると思いませんか。
 
 
プロのデザイナーさんでも基礎がないと
名刺デザインは難しいといわれてます。
 
 
しっかり考えられてつくられたロゴにストレスのないバランスでレイアウトされた
読みやすいフォントでつくられた名刺デザインに必要最低限の情報を
シンプルなデザインで相手にストレスなく伝える。
 
 
それだけで、御社の企業の第一印象も変わります。
 
 

目的の要素を組み込んだ奇をてらった名刺デザイン

 
 
Speaker Labではたまにユニークで奇をてらった名刺デザインの相談や
提案することがあります。
絶対に名刺できをてらう必要性はないと思いますが、
業種、人柄、社風などでこちら側から提案をすることがあります。
 
 
今まで制作したユニークなアイデア名刺デザイン
なぜしたのかの説明をしていきます。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

一人一人違う名刺が販促物にかわった。

 
 
47都道府県の日本酒を提供してる大阪の居酒屋「うたげどころ うぉっしゅ」の
名刺の裏面は一人一人デザインが違います。
 
 
47都道府県の日本酒を売りにしてるお店なので、
スタッフの出身地にある酒蔵さんでだされてる日本酒のラベルデザイン
自分の名前にモジッたパロディデザインを提案しました。
 
 

 
 
お客様と名刺交換したいさいには、「なにこれ?」と聞かれたさいにスタッフが
「僕の出身地の酒蔵を僕の名前でもじりました。美味しいんでよかったら呑んでください。」
と伝えるだけでお客様は頼んでくれることが増えたみたいです。
 
 
こうなったら、もう、ただの名刺ではなく販促名刺に
変わっています
 
 
大阪の居酒屋「うたげどころ うぉっしゅ」の名刺デザインに携わって思ったことは
工夫やアイデアがつまった名刺は第一印象だけではとどまらない効果もでてきます。
 
 
狙ってた以上に、
コミュニケーションから販促につながり客単価をあげる名刺デザインになりました。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

どんな職業か一発でわかる名刺デザイン。

 
 
大阪を拠点に活動してるサクソフォン奏者の佐藤 宏亮さんの名刺は
どんな仕事をしてるか、わかる名刺デザインです。
 
 
最初に打ち合わせをしたときにイベント主催者や企業の担当者に
名刺を渡しても他のサクソフォン奏者やクラシック奏者の名刺に埋もれないし
いろいろな人の名刺が入ってる名刺ファイルから一発でなにをやってるかわかる
名刺デザインにしたいと相談されました。
 
 
フリーのミュージシャンのかたで多い名刺のパターンがあります。
楽譜や音符が入ってたり、楽器のイラストが入ってたりすることで
どんな仕事をしてるかわかりやすくしてる名刺デザインです。
 
 
もちろん、埋もれる可能性があるので提案としては出せません。
ちなみにの話なんですが、名刺でもポスター、チラシ、パンフレット問わず
Speaker Labにデザインの相談をいただくときに多いのがパターン化以外のデザイン。
 
 
期待されてるということはありがたいのですが
正直、パターン可されてる名刺デザインは簡単なんですけどね…。
 
 

でも、やりますよSpeaker Labは!

 
 
話は戻します。
 
 
佐藤さんと話をしてくなかで、名刺のパターン化以上に
クラシックのパターンが決まってるデザインがありました。
 
 
リサイタルポスターです。
 
 
黒に演奏してる写真が背景で金のグラデーション文字に
情報がのってるようなポスターを思いつくかたが多いと思います。
 
 

 
 
リサイタルポスター風デザインを名刺デザインに落とし込むと
不思議なんですが、ちょっと変わったユニーク名刺デザインになるんです。
 
 
じっさいに名刺を納品して佐藤さんがいろいろな人に名刺を渡したときの
リアクションもよく、仕事の依頼もいただけたとご報告を受けました。
 
 
業種によって名刺デザインのパターンがなんとなくあったりします。
パターン化されたデザインが悪いとも思いません。
逆にいえばわかりやすくなるからパターンに沿った
デザインにするのもいいと思います。
 
 
競合他社と比較してもわかりづらくなるのも事実です。
なんどもいいますが、名刺は第一印象になります。
 
 
商談相手が身だしなみと一緒ぐらい名刺をみます。
 
 
シンプルなデザインの名刺だと自信がある。と思う人もいます。
奇をてらったデザインだと、面白そうな会社。だと思う人もいます。
 
 
名刺一つで印象操作はもちろんのこと、広告販売促進
ブランディングにもつながるデザインにできます。
 
 
配る名刺ではなく、渡す名刺にすることで
初対面のかたとの距離感が近づきます。
 
 
いちど、相談は自由ですので、
起業されるかたや名刺デザインを考えてる企業さま、
ビジネスに伸び悩んでるかたはご連絡ください。
 
 

スピーカーなこと

会社名

お名前(必須)

ふりがな

メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
お見積りをご希望の方はボタンをクリックして下さい。(必須)
問い合わせ内容(必須)