モノクロ写真に深みをだし
若さとヴィンテージを融合したフライヤーデザイン

若手サクソフォン奏者による四重奏団「franc Saxophone Quartet」の
コンサートのフライヤーとチケットをデザインさせていただきました。
 
 
 
今まで、聴いてこなかった音楽のジャンル〝クラシック〟。
ほぼ、無知な状態で挑んだ今回の案件だったので、
まず、最初に今までクラシックコンサートで使用された
フライヤーデザインを調べてみることにした。
 
 
 
クラシックのフライヤーを見て思ったのは、
良くも悪くもクラシックコンサートのポスターと分かる
デザインが多いっということ。
ある程度のフォーマットが決まっているのかな。が正直な感想です。
 
 
 
そこで、初めての打ち合わせで
 
 
 
 
「せっかく、若い人のクラシックコンサートなんだから、今までのクラシックの〝っぽさ〟を残しつつ、少し外れてる他とは違うデザインにしてみては?」
 
 
 
 
とのご提案をいたしました。
 
 
今までのクラシックコンサートのイメージを残しつつ
良い意味でも悪い意味でもクラシックっぽくないイメージ。
それをふまえて打ち合わせがスタート。
 
 
打ち合わせ中に最近、私がはまっている〝JAZZ〟の話になり、
franc Saxophone Quartetのメンバーもジャズが好きで
にわかの私はここぞとばかりに色々なJAZZアーティストを
教えてもらっていたらそこで、ジャズみたいなデザインは?と提案。
 
 
メンバーの方とも意見が一致し、
デザインコンセプトが決まったところで
フライヤー作成に入りました。
 
 
まず、メンバーの写真ですが、ただ単にグレースケールにして
使用するのではなく深みを出しモノクロヴィンテージをイメージして加工。
 
 
そこに、オーゾドックスなレイアウトではなく
JAZZなどのライブで行われるセッションをイメージし
崩しながら文字を配置し、
ありそうでないクラシックっというよりもジャズライブチラシ
イメージしながら作成しました。
 
 
従来のクラシックのイメージを残し、新たな挑戦や若さをテーマに
デザインをさせていただきました。
 
 
チケットは写真を外し、チラシのデザインのトンマナを
意識してデザインしました。
 
 
 
 
【イベント詳細】
franc Saxophone Quartet - Recital 2018 –
 
■日時
2018/9/22(土)
18:30 開場 19:00 開演
 
■会場
大阪市立阿倍野区民センター小ホール
 
■曲目
I.ゴトコフスキー / サクソフォン四重奏曲
小倉大志 / RonRon
G.ガーシュウィン / Rhapsody In Blue  ほか

franc Saxophone Quartet 様

Speaker Labに一度、ご相談ください。

CLIENT

franc Saxophone Quartet

CATEGORY

graphic

PERFORMANCE

フライヤー、チケット

RELATED WORKS

OTHER WORKS

franc_300
kamioka_300
new_1
niku_4
story
plum1
uossyu_3_300
torifuji_300
G_top
uossyu
tako_300
spmaga_1
tori_300
okkya_350
top